スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓楽しいファミスタブログがたくさん!↓↓
ファミスタ・ブログ

「第37回三井ゴールデングラブ賞」発表

今年もいよいよゴールデングラブの受賞者が発表されました。

井端選手(中・遊撃手)、カブレラ選手(オ・一塁手)は

それぞれのポジションで最年長だそうです。

そういわれるまで、彼らがそれなりのベテラン組だということに

気づきませんでした^^;



そのほか、新井選手(神)、栗原選手(広)、中島選手(西)ナドナド

ファミスタオンラインでよく見かける選手たちが受賞されました。

来季、彼らの守備力をどう評価されるのか楽しみです。



さて、この「三井ゴールデングラブ賞」ですが、wikiによると

守備力に卓越した選手が表彰されるもの

と定義されています。

守備力が評価される、ということはすばらしいことです。

とかく、投・打に目が行きがちですからね。



とはいえ、明確な判断基準がないために

評価に疑問がもたれやすいのです。



「守備率」というデータも存在しますが、

凡フライを何百と確実に捕球したところで、

果たして守備がズバ抜けてうまいのか??という疑問は

払拭できません。

むしろ、ここぞというときのファインプレーを連発するプレイヤーのほうが

上手な選手として印象に残りますよね。



記録より、記憶に残る名選手。

それを表す輝かしい賞の一つ、とも言えそうです。

テーマ : 野球全般 - ジャンル : スポーツ

↓↓楽しいファミスタブログがたくさん!↓↓
ファミスタ・ブログ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。